スピーカー

B-1 | 12:00 - 12:40

今後のセキュリティ運用における課題と現実的な解決アプローチ

サイバー脅威は高度化を極め、セキュリティ運用者の負担や責任が増加しています。また、セキュリティエンジニアやIT担当者の人材不足、スキル不足も深刻化しています。これを「運用の効率化」の観点から解決する技術として期待されているSOAR(Security Orchestration, Automation and Response)。しかし、その活用のためには導入のゴールを定め、適切な準備をすることが重要です。本セッションでは、SOAR導入における課題や期待効果について解説致します。

マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部 第1技術部 第2課 笠井 大騎 氏